標識・標示の種類と意味について

a0002_005111道路標識や表示板には、運転する上で大切な情報が表示されています。常に意識しておくことで、思わぬ事故を避けることができますし、うっかりと交通違反をすることもなくなります。やはり、意識して見落とさないようにすることが大事なのです。
実は、これらの案内版には重要度ごとに色分けされているのをご存じですか。道路の上によく見る青色や緑色のものは案内になります。道の名前や現在地、行先の地名などが書かれています。
黄色のものは警戒するべきことを表しています。車線減少や落石、合流などの危険性がある場合に表示してあるので、その種類によって減速などの措置をとります。
赤色のものは主に規制事項を表しています。進入禁止や一時停止などの規制箇所に設置されています。この色を見たときにはきちんと確認し、停止や徐行などその表示に合った措置を行いましょう。
これらの色分けのおかげで、私たちは運転する際に危険をなるべく回避できるようにされているのです。ですから、見落とさないことも肝心ですし、その表示が一体どんな意味を持っているのか、きちんと知っておくべきです。自動車学校で習ってはいても、なんとなくこんな意味だったと思う・・といった曖昧な知識ではありませんか。今一度、よく覚えておくようにしましょう。
車買取相場表はこちらです。