Author Archive

指示標示について

横断歩道または自転車横断帯ありの指示標示がある場合で、歩行者や自転車などが安全地帯などで待っている場合には、自動車はそのまま通行するのではなくて、いったん停車し、彼らが渡るのを待ってあげなくてはいけません。
基本的に道路は歩行者が優先であり、自動車は後であるということを徳のドライバーは忘れがちになりますが、歩行者が優先であるという意識をしっかりと持ってドライバーが車の運転をするのであれば、交通事故の危険性は減ると考えられています。
こうした歩行者優先の考え方は何も表示がある場所に限ったことではありません。標識がない場合などであっても、たとえば見通しが悪い交差点や、狭い道路などを歩行者や自転車が通行している場合、できるだけ速度を落とす、場合によっては徐行運転をするなどの運転を行う必要があります。これは歩行者や自転車を自動車との接触による危険性を未然に防ぐことだけでなく、ドライバーの事故による損失からも防ぐことを意味します。
運転免許を持っていることは、当然ながら標識などの意味を熟知していなければならず、また、知っているだけでなくそれを守る遵法意識もしっかりと認識して、持っていなければならないものです。

規制標示について

「規制標示」は、特定の交通方法を禁止したり、または指定したりするものをいい、道路の路面に線や数字、記号のペイントや道路鋲などで表示されるもので、国の省令で規定されています。
「立入禁止部分」は、黄色の外枠の中に白色の斜線で示されるもので、車両はこの上を通行したり駐停車することはできません。これと似たものに、黄色の外枠と白色の内枠のみで斜線のない「安全地帯」がありますが、これは路上にある路面電車の停留所などに設けられ、同じく通行や駐停車は禁止です。また、白色の外枠に白色の斜線で示される「停止禁止部分」もあり、警察署や消防署の緊急車両出入口の前などでよく見かけますが、こちらは通行そのものは禁止されておらず、枠内での停止のみが禁止されています。
「追越しのための右側部分はみ出し通行禁止」や「進路変更禁止」は、位置や用いられ方は異なりますが、いずれも路上に黄色の直線で示されます。
「最高速度」は、路面に速度をあらわす黄色の数字で、「車両通行区分」や「専用通行帯」などは指定された車両通行帯の路面に白色で「二輪」などの種類を示す文字で示されます。
以上のほか、「転回禁止」、「駐車禁止」などの禁止を示すもの、「右左折の方法」、「斜め駐車」のように方法を指示するものなど多数の標示があり、白色のゼブラで示した「横断歩道」も、ここでいう標示の一種になります。

ペイントや道路鋲などによって路面に示された線や記号や文字について

交通の安全と円滑および交通公害の防止等を目指して都道府県警察や道路管理者が整備するものが交通安全施設です。
そして、この交通安全施設には、交通管制センター・信号機・車両感知器・交通情報板・道路標識などがあります。
その中で、交通事故を未然に防ぐための規制・危険箇所への警戒喚起、指示・案内による交通の円滑化などを目的に、道路のかたわらに設置され、利用者に必要な情報を提供する表示板を道路標識と言います。
これに対して、必要な案内・誘導・警戒・規制・指示等について、路面に、道路鋲やペイントや石等を用いて一定の様式化された線・文字・記号を描いたものを道路標示と言います。
これらは原則的には都道府県公安委員会が設置しますが、道路管理者が設置する区画線のうちの車道中央線と車道外側線も含まれます。
そして、これは禁止や制限を示すものと、位置や方法を指示するものの2つに分けられます
また、道路標識と併設しなければならないとされている交通規制もあります。a0002_005111
例えば、横断歩道又は自転車横断帯は原則として道路標識と併設して行うこととされており、いずれか一方でも見えなくなったときはその効力を失います。
なお、ここで使われる塗料はトラフィックペイントなどといわれ、常温用・加熱用・溶融用の3種類に分けられます。

補助標識について

道路標識のなかには、本標識の意味や内容を補足したり、限定したりするために、本標識といっしょに取り付けられて用いられる、「補助標識」とよばれるグループがあります。
例えば、赤い丸囲みに斜線を引いたデザインのものは規制標識とよばれ、その標識の意味する交通方法を禁止するのに用いられますが、このデザインの丸囲みのなかにトラックのシルエットがあるものは、大型貨物自動車等の通行止めという意味合いになります。
ところが、この標識の下部に「積3t」のように記載した小型の標識がいっしょに用いられている場合には、本標識の意味が限定されますので、最大積載量3t以上の大型貨物自動車等に限り、この規制が適用されることになります。逆に、最大積載量3t未満であれば、本標識の規制は適用されず、通行してよいということになります。なお、ここでの交通規制はあくまでも積載量の単位ですので、車検証に書かれた車両総重量とは異なります。
このほかにも、「大型等」のように自動車の種類を略称で示したものや、「日曜を除く」のように本標識が示す交通規制の日や時間を示したもの、交通規制の始まり、区間内、終わりを矢印でそれぞれ示したものなどがあります。

案内標識について

普段、車の運転をしている時に見かける案内標識というのは、交差点などの場所に進路方向の先にある目標物や地方の名称が案内されたものが青色の地に白文字で書かれており、運転する人にとってはそれが案内であるという認識になっています。これは以前は白地に青文字の案内板であり、1970年頃までは白地が主になっていました。
現在でもところどころに白地の案内は残っていますが、今ではほとんどが青地の案内と変化しました。青という色は目に優しく心理的にも安心感を与える色として認識されており、海外でも標識の下地の色として使われてる国があり、日本もその影響で青地の標識を用いるようになったとされています。
また緑色の地に白文字で表記される標識はおもに高速道路で使われています。緑というのも視覚的に安心感を持たせる色として、標識の色には適しています。海外ではアメリカやカナダなどで標識の基本色として緑地に白文字というスタイルが取り入れられています。日本では一般道を青、高速道路などは緑という識別で地色を使い分けています。
また緑地の標識は高速道路だけではなく、自動車専用道路として使われる地色であり高速道路だけとは限らず、バイパスなどの自動車専用道路上における標識も緑地に白文字となっています。

警戒標識について

a0002_005111車を運転しているときや歩いているときなど街では様々な標識を見かけます。それらは運転手と歩行者双方の安全を守る大変重要な役割を果たしています。中でも警戒標識は、危険を未然に知らせてくれる重要な標識です。
この標識は、日本の道路標識において最古の歴史を持つもので、大正11年11月に、今のこの標識にあたる道路警戒標というものと現在の案内板にあたる道路案内標の2種類が定められました。この標識は、子どもは大人よりも注意力に乏しく、突然道路の飛び出したりするために学校が近くにあるということを運転手に知らせるために設けられました。すなわち現在の学校、幼稚園ん、保育園等ありの原型というわけです。また、前方で道幅が狭くなるということを知らせるために、幅員減少という標識もあります。この標識によりいたずらにスピードを出し過ぎることがなく、また注意力も向上します。この標識は前方で車線数が減少することを示す車線数減少の標識と似ているので、運転中は間違えないように注意をする必要があります。
このように 学校、幼稚園ん、保育園等ありや幅員減少のように警戒を呼びかける標識により、危険を事前に察知し、安全運転をすることができます。

指示標識について

指示標識というのは、特定の方法による通行が認められていることや、交通を円滑にするため特定の方法に従って通行することを指示したりする場合に用いられている標識の一種です。主には青地に白抜きで文字や絵柄がデザインされています。
例えば、青地に白い「P」の文字を配したものは、車両はその場所で駐車してよいという意味になります。文字が「停」であれば、車両は人の乗り降りや5分以内の荷物の積み下ろしなどの停車のみが可能で、継続的な駐車まではできないことになります。
太い道路と細い道路が直行するデザインの「優先道路」は信号機のない交差点などに掲示され、標識のある道路のほうが優先して通行できることを示し、交差点の前方にある道路には、逆に「止まれ」などの規制標識が掲げられています。
また、あまり見かけませんが、自動車がレールの上を走るデザインの「軌道敷内通行可」は、路面電車などの軌道敷を一般の車両が通行してもよいという意味です。
冬場に積雪があり路面の標示がわかりにくい地域などでは、青地に白文字で「中央線」、「停止線」などと書かれ、それぞれ中央線や停止線の位置を示した標識なども用いられます。
青地に歩行者や自転車の絵柄を白抜きにした「横断歩道」や「自転車横断帯」を表す標識も、このグループの一種です。

規制標識について

規制標識は、特定の交通方法を禁止したり、特定の方法に従って通行することを指定したりするために掲示される道路標識です。このグループの標識には、赤枠、または赤枠に斜線が引かれたデザインのものが多く用いられ、枠内に文字や数字、絵柄などを配して特定の車種や速度などに限定することもあります。
例えば、赤枠に斜線のみは「車両通行止め」で、自転車などの軽車両やバイクを含め、車両は通行できません。赤枠・斜線内に乗用車のシルエットが描かれているデザインは「二輪の自動車以外」の車両についての通行止めとなり、一般に自動車は通行できませんが、軽車両やバイクであれば交通規制の対象に含まれないため、通行することができます。
赤枠・斜線の中にUターンのような矢印が描かれたものは「転回禁止」で、車はその場所で転回することができず、Tの字のような矢印であれば「車両横断禁止」で、車はその場所で反対側の車線を横切ってロードサイドの店舗などに進入することができないことになります。
このデザインのパターンにあてはまらない標識もあります。赤地に白抜きの横棒があるものは、よく見かけますが「車両進入禁止」で、車は標識のある方向には進入できません。また、青地に白抜きで特定の方向を指し示した矢印がある円形の標識も実はこのグループの一種で、例えば2本の道路が直行する交差点に左折と直進の矢印のみの標識がある場合には、「指定方向外」は進行禁止、すなわち「右折禁止」の意味となります。
a0002_005111

交通規制などを示す標示板について

車を運転するならば当たり前ですが、自転車に乗る場合や街の中を歩く場合でも交通規制などを示す標示板を必ず目にし、その指示に従い道路や歩道を進み、おかげで事故などに遭うことなく安全に生活できます。このように、標示板は人間が生活する上でとても大切な働きをしています。
規制標示板は、注意を呼びかける相手や内容などにより形や色を変えています。例えば、通行止めなどのように、この先進むことができないという禁止を表示する場合は赤色、横断禁止のように歩行者に対するものは正方形、最高速度のように自動車に対するものは円形とされています。また一時停止や徐行は視認性の高い逆三角形にしています。さらに一方通行などのように指定方向外進入禁止や歩行者専用などのように指定を表すものは青色で円形の標示板が利用されています。
このように交通規制などを示す標識は、対象者や標示する内容により形や色で大まかに種類分けがなされ、その標示板が何を表しているのかを明確にすることで、車や自転車の運転手や歩行者に対して、考える前に理解させるという工夫を施し、事故を未然に防ぐとともに、道路や歩道において一定の秩序を与え、危険性を可能な限り取り除いています。