警戒標識について

a0002_005111車を運転しているときや歩いているときなど街では様々な標識を見かけます。それらは運転手と歩行者双方の安全を守る大変重要な役割を果たしています。中でも警戒標識は、危険を未然に知らせてくれる重要な標識です。
この標識は、日本の道路標識において最古の歴史を持つもので、大正11年11月に、今のこの標識にあたる道路警戒標というものと現在の案内板にあたる道路案内標の2種類が定められました。この標識は、子どもは大人よりも注意力に乏しく、突然道路の飛び出したりするために学校が近くにあるということを運転手に知らせるために設けられました。すなわち現在の学校、幼稚園ん、保育園等ありの原型というわけです。また、前方で道幅が狭くなるということを知らせるために、幅員減少という標識もあります。この標識によりいたずらにスピードを出し過ぎることがなく、また注意力も向上します。この標識は前方で車線数が減少することを示す車線数減少の標識と似ているので、運転中は間違えないように注意をする必要があります。
このように 学校、幼稚園ん、保育園等ありや幅員減少のように警戒を呼びかける標識により、危険を事前に察知し、安全運転をすることができます。

Comments are closed.