規制標示について

「規制標示」は、特定の交通方法を禁止したり、または指定したりするものをいい、道路の路面に線や数字、記号のペイントや道路鋲などで表示されるもので、国の省令で規定されています。
「立入禁止部分」は、黄色の外枠の中に白色の斜線で示されるもので、車両はこの上を通行したり駐停車することはできません。これと似たものに、黄色の外枠と白色の内枠のみで斜線のない「安全地帯」がありますが、これは路上にある路面電車の停留所などに設けられ、同じく通行や駐停車は禁止です。また、白色の外枠に白色の斜線で示される「停止禁止部分」もあり、警察署や消防署の緊急車両出入口の前などでよく見かけますが、こちらは通行そのものは禁止されておらず、枠内での停止のみが禁止されています。
「追越しのための右側部分はみ出し通行禁止」や「進路変更禁止」は、位置や用いられ方は異なりますが、いずれも路上に黄色の直線で示されます。
「最高速度」は、路面に速度をあらわす黄色の数字で、「車両通行区分」や「専用通行帯」などは指定された車両通行帯の路面に白色で「二輪」などの種類を示す文字で示されます。
以上のほか、「転回禁止」、「駐車禁止」などの禁止を示すもの、「右左折の方法」、「斜め駐車」のように方法を指示するものなど多数の標示があり、白色のゼブラで示した「横断歩道」も、ここでいう標示の一種になります。

Comments are closed.