交通規制などを示す標示板について

車を運転するならば当たり前ですが、自転車に乗る場合や街の中を歩く場合でも交通規制などを示す標示板を必ず目にし、その指示に従い道路や歩道を進み、おかげで事故などに遭うことなく安全に生活できます。このように、標示板は人間が生活する上でとても大切な働きをしています。
規制標示板は、注意を呼びかける相手や内容などにより形や色を変えています。例えば、通行止めなどのように、この先進むことができないという禁止を表示する場合は赤色、横断禁止のように歩行者に対するものは正方形、最高速度のように自動車に対するものは円形とされています。また一時停止や徐行は視認性の高い逆三角形にしています。さらに一方通行などのように指定方向外進入禁止や歩行者専用などのように指定を表すものは青色で円形の標示板が利用されています。
このように交通規制などを示す標識は、対象者や標示する内容により形や色で大まかに種類分けがなされ、その標示板が何を表しているのかを明確にすることで、車や自転車の運転手や歩行者に対して、考える前に理解させるという工夫を施し、事故を未然に防ぐとともに、道路や歩道において一定の秩序を与え、危険性を可能な限り取り除いています。

Comments are closed.