指示標示について

横断歩道または自転車横断帯ありの指示標示がある場合で、歩行者や自転車などが安全地帯などで待っている場合には、自動車はそのまま通行するのではなくて、いったん停車し、彼らが渡るのを待ってあげなくてはいけません。
基本的に道路は歩行者が優先であり、自動車は後であるということを徳のドライバーは忘れがちになりますが、歩行者が優先であるという意識をしっかりと持ってドライバーが車の運転をするのであれば、交通事故の危険性は減ると考えられています。
こうした歩行者優先の考え方は何も表示がある場所に限ったことではありません。標識がない場合などであっても、たとえば見通しが悪い交差点や、狭い道路などを歩行者や自転車が通行している場合、できるだけ速度を落とす、場合によっては徐行運転をするなどの運転を行う必要があります。これは歩行者や自転車を自動車との接触による危険性を未然に防ぐことだけでなく、ドライバーの事故による損失からも防ぐことを意味します。
運転免許を持っていることは、当然ながら標識などの意味を熟知していなければならず、また、知っているだけでなくそれを守る遵法意識もしっかりと認識して、持っていなければならないものです。

Comments are closed.